FC2ブログ
【recent articles】

【calender】

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

+ アーカイブ
 

【category】

【profile】

はぁこ

Author:はぁこ

【comment】

【trackback】

【link】

【RSS】

【search(blog)】

【counter】

はぁこのタワゴトblog。。。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
展示会 le salon
パリ、最後の二日間はATOMOSPHEREという展示会の会場でお仕事。

パリコレクションの期間は、色々な会場で展示会が行われる。
デザイナーにとってのもう1つの表現の場であって、商談の場であるのが展示会。
展示会の魅力は、服を手に取ってみれることと、デザイナーと対話できるところだと思う。
バイヤーにとってはひとつの会場で一気にたくさんのブランドに出会うことができるし、
デザイナーにとっても、それは同じで、ビジネスチャンスをつかむ機会。
そういう意味で、展示会は効率的でもある。

その展示会のひとつの、ATMOSPHEREという会場で、
「海外バイヤーの活動実態調査」なるものに調査員として参加しました。
具体的にはその展示会場に訪れる海外バイヤーにアンケートをして、
バイイングの際に重視するポイントとか、日本のファッション製品に対するイメージを聞いた。

アンケートをしてみて気になったのは、
多くのバイヤーが「なにか新しいもの」を求めているということ。
最近のファッションは飽和状態だし、繰り返しばかりで「新しさ」がないと言われてるけど、
実際にバイヤーの人たちもそう感じてるんだなぁ。

もうひとつ、日本のファッションブランドを入荷しないバイヤーさん達によると、
日本のブランドはクリエイティブだし質もいいけど、コストがかかるという人が多かった。
どうにもすることはできないけど、確かに物理的に不利なのかもしれない。

やっぱり現場に立つと学べることは多い。

R0010727.jpg

【2009/03/09 15:59】 | Le voyage | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<帰国 | HOME | Berhard Willhelm>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mmooddee.blog102.fc2.com/tb.php/349-ef722aea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ホーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。