FC2ブログ
【recent articles】

【calender】

05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

+ アーカイブ
 

【category】

【profile】

はぁこ

Author:はぁこ

【comment】

【trackback】

【link】

【RSS】

【search(blog)】

【counter】

はぁこのタワゴトblog。。。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
CHANEL MOBILE ART

昨日いってきました。 CHANEL MOBILE ART。
ネタバレなのでこれから行く人は読まないでね。

まず チケットが無料(!)なのにヤフオクで5000円以上でさばかれてる。
行けなくなってって言うのはわかるとしても最初から転売目的はどうかと思う。
CHANEL側が無料でやっているってことをリスペクトしてほしい。

会場に案内されると、最初にMP3プレーヤーを渡されて、音声が流れる。
その声(ココ・シャネルという設定?)に導かれて中をまわる。
コンテンポラリーアートが中心ということもあってかなり奇抜な作品が多かった。
「キルティングバッグ」というひとつのテーマから色んな世界が広がっていた。

音声に導かれて迷路のようなハコの中を練り歩く形式が面白い。
美術館で「鑑賞している」というよりは、
自分もその「一部になってる」とかその世界を「冒険している」感覚。

匂いがしたりだとか、自分で触ったり、書いたりだとか、参加できるのもよかった。
かなり贅沢なことを言うと、他の人が視界に入らないくらい間隔を空けてほしい。
そしたら 最高にひたれると思う。

chanel.jpgそういえば 建物が以外に小さかった。
いや、それは外から見たらだ。
終わってからよくよく考えたらこんなに小さいのが不思議に思った。

帰りにはすごい量のブックレットをもらった
あと 自分の携帯がCHANELになる着せ替えツールてきなものができて
ミーハー精神でちょっとやってみた 笑
これ、メール問い合わせ画面 笑

まあおいといて 笑

関心したのが、シャネルのブランディングに対する意識。
移動式美術館と言えどもすべてが徹底している。
スタッフはしっかりしているし、ユニフォームもかっこいい
(白×黒のシャネルカラー)
待合室も特設なのに真っ白で、いい感じのクッションおいてあったり。
貸してくれるMP3プレーヤーも、ヘッドホンも、
MP3プレーヤーをかけるネックストラップも質がいい。
なにより驚いたのが、特設トイレ。
モダンなデザインで ホテルのトイレかと思うほどきれいだった。 笑

一イベントだとしても、「CHANELの名前を出しているからには」って思っているんでしょう。
さすがです。
スポンサーサイト
【2008/06/29 00:11】 | L'art | トラックバック(0) | コメント(0) |
ホーム ススム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。